アメ車 販売修理 神奈川県川崎市 レストア 株式会社エイブルable

044-857-1836 営業時間
平日 9:00~18:30 / 日祭日 10:00~18:00
水曜日定休
神奈川県川崎市高津区向ヶ丘44-1

BLOGブログ

BLOGブログ

シボレースタイルワゴン
2018/12/18
1951年 シボレー スタイルライン デラックスワゴン登場

IMG_4059
















12月13日にアメリカより到着した、1951年モデルのシボレースタイルワゴン
グレードはデラックス!
大黒ふ頭到着の際はエンジンが掛かりませんでした(苦)!
IMG_4034
















まぁ!よくある事!
何週間も船に揺られ、バッテリーも弱った上に
燃料もフューエルラインから下がった状態。

燃料さえ上がってくればエンジンは掛かりますが
日本で乗るためには、ここからが大事な作業!
ここ大黒埠頭にはそんな魅力あふれる車がお迎えを待っている!
IMG_4032
















30年以上この仕事をしているけど、ここのヤードの様子も様変わり。
ともあれ
こんな車を輸入する会社やユーザーさんが今でもいるという事に
心和む自分がいる。

1951年の車でも日本の道路を走れる様にするのがエイブルの仕事ですが
骨子、基本がしっかり頑丈に作られている車だから出来る事。

 アメ車が「壊れる」と都市伝説を作られるけど
同じ年式なら圧倒的に生き残れるのがアメ車&一部を除いたヨーロッパ社!

 日本の旧車を道路を走らせる為には相当の時間をお金お投じなければことは出来ません。
ご存知のように日本の技術は欧米と比べても劣ってはいません。
旧車(物)を存続させてはいけないという日本政府の政策の為、
日本の車は長生きを許されなくなりました。
車版「楢山節考」古い車にも素晴らしい知恵が込められている。

皆さんが日本の新車、古くない中古車を短期間で乗り換えることが
日本の経済を支えて行くように仕組まれています。

芸術的な工業製品ですら一部の人しか維持することを許されていません。

アメ車はリーズナブルに古いものを維持できるようなシステムが用意されていますよー!